ワイナリー詳細

Newzealand ニュージーランド

ナタラワ
NGATARAWA

所在地:
ニュージーランド ノースアイランド
ホークス・ベイ
醸造家:
アルウィン・コーバン
オーナー:
アルウィン・コーバン


100年前に建てられた伝統あるワイナリー。

NGATARAWA

概要:

マオリの人々の言葉で、“尾根の間”を意味するナタラワは、ホークス・ベイ地方、ヘレタウンガ平野の西部、ナルロロ川の古代の川底だった場所に位置しています。1万年前にナルロロ川の流れに変化が起き、それに続く川の水の氾濫、そして1800年前に起きた、レイク・テカポの火山の爆発による影響で、現在のナタラワの土地が形成されました。
ナタラワの土地、別名“ブリッジ・パ・トライアングル”と呼ばれる場所は、水捌けの良い土壌と、乾燥した暖かい気候を持つ事で、ホークス・ベイ地方の中でもブドウ栽培に最適な土地として知られています。

ナタラワ・ワインズを経営するのはコーバン・ファミリー。1891年にレバノンからオークランドに渡り、ワイン造りを始めた、アシド・エブラハム・コーバンをルーツとする家系です。レバノンで300年の長きに渡りワインを造り続けてきたコバーン家の伝統は、ニュージーランドでも大きな成功をおさめ、この国のワイン造りに多大なる影響を与えました。アシドの子孫、コーバン家のアルウィン・コーバンが、ホークス・ベイの土地の高い潜在力に注目しワイナリーを設立したのは1981年。ニュージーランドにおけるブティックワイナリーの先駆けとなる存在です。現在、100年に渡るニュージーランドでのワイン造りの歴史を持つコーバン・ファミリーの伝統を活かし、ホークス・ベイの個性にこだわるナタラワ・ワインズの品質とスタイルは、世界市場でも高い評判を得ています。


■ステイブルズ
ステイブルス・レンジの名前は、ナタラワ・ワイナリーの歴史と関連があります。100年前に建てられたステーブルス(馬小屋の意味)は、ホークス・ベイ地方、ナタラワ・ワイナリーの敷地の中心にあります。また、ニュージーランドで最も初期にワインを生産した、コーバン家に縁の深い場所です。ステーブルス・レンジのワインは、シンプルな人生の喜び、すなわち暖かくホスピタリティがあり、会話を楽しむライフスタイルを表現しています。


■グレイ
ズブルック
グレイズブルック・リージョナル・リザーブ レンジは、ニュージーランドのワイン産地の個性を表現する高品質なシリーズです。品種によって異なる適した成育環境に合わせて、ニュージーランドの名産地で栽培されたブドウを厳選して使用しています。ラベルに描かれている数字は、畑の所在地を緯度と経度を表しています。

 

URL:

http://www.ngatarawa.co.nz/

このワイナリーのワイン:
  • グレイズブルック シャルドネ (2015年)  
  • グレイズブルック メルロー (2010年)  
  • ステイブルズ シャルドネ (2014年)  
  • ステイブルズ メルロー (2014年)  


ワインメーカーのアルウィン・コーバン。

  • Australia
  • Newzealand
  • France
  • Italy
  • Spain