Winery生産者紹介

バード・イン・ハンド(南オーストラリア州 / アデレード・ヒルズ)

標高は平均450mに位置する畑は、冷涼な気候で降雨量は年間約780mm。セントローレンス湾からの海風、マウント・ロフティ山脈から降りてくる風、オーストラリアの恵まれた日照量が組み合わさり、ブドウの生育に良い影響を与えている理想的な環境です。

キム・ミルンMW率いる醸造チーム 右:キム・ミルンMW 中央:ディラン・リー氏

キム・ミルンMW率いる醸造チーム 右:キム・ミルンMW 中央:ディラン・リー氏

  • キム・ミルンMW率いる醸造チーム 右:キム・ミルンMW 中央:ディラン・リー氏
  • 地元でもランドマーク的な存在のワイナリー建屋
  • インター・ナショナル・チェレンジ表彰 右:醸造家のディラン・リー氏
  • お城のようなセラー・ドアとレストラン 休日は観光客でにぎわいます

所在地

オーストラリア サウス・オーストラリア州 アデレード・ヒルズ

概要

アデレード・ヒルズ育ちのアンドリュー・ニュージェントと彼の父であるマイケル・ニュージェントによって1997年創業された家族経営のワイナリー。当時はまだ新興ワイン産地であったアデレード・ヒルズに80エーカーの畑を購入しました。標高は平均450mに位置する畑は、冷涼な気候で降雨量は年間約780mm。セントローレンス湾からの海風、マウント・ロフティ山脈から降りてくる風、オーストラリアの恵まれた日照量が組み合わさり、ブドウの生育に良い影響を与えている理想的な環境です。
ワイナリーの名前はアデレードから約37キロ離れたウッドサイトという小さな町に位置した金鉱山「バード・イン・ハンド」から名付けれました。

バード・イン・ハンドでは、自社畑での栽培以外に、一貫した最高レベルのワインを保証するため、長年契約しているアデレード・ヒルズのブドウ栽培農家とも協力。年間約1,400トンもの果実から100,000ケースのワインを生産しています。
ワイン造りの理念でもある、テロワール本来のキャラクターを表現するために、環境に配慮したサステイナブル農法の取り組みを重視。化学的な介入はなるべく避け、自然に任せた醸造を行っています。

創業からわずか20年で、バード・イン・ハンドは数多くの受賞歴を持つワインを造るワイナリーへと成長しました。単にワインを造るだけでなく、ワイナリーでは週末コンサートの開催も行っており、国際的にも高く評価されたミュージシャンやオーケストラが演奏し、数千人ものファンが楽しんでいます。また、バードインハンドでは財団を設立し、恵まれない人々や地域社会の支援に取り組んでいます。

醸造長:キム・ミルン MW
オーストラリアン・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーを2014年と2015年、2年連続受賞。オーストラリアで2番目にマスター・オブ・ワインの資格取得。30年に及ぶワイン業界での経験を持ち、そのうち9年間はヴィラマリアのチーフワインメーカーを務めています。2003年よりバード・イン・ハンドの醸造長を務め、オーナーのアンドリューと共に世界的な評価を得るワイナリーへと発展させました。

国際的なワインショーの審査経験が豊富なキムは、現在シドニーインターナショナルワイン・コンペティションの議長を務めています。2013年にはドリンク・ビジネス・マガジンより、世界に影響を与えるワインコンサルタントトップ10に選ばれています。2019年インターナショナル・ワイン・チャレンジにおいて、ベスト・オブ・レッドワインメーカーを受賞。今や、世界を代表する醸造家としても知られています。

受賞履歴

バード・イン・ハンド ピノ ロゼ
ベスト・ロゼ&Wゴールド 
サンフランシスコ・インターナショナル・ワイン・コンペティション2018

Product line-up商品ラインナップ

生産者一覧へ戻る