Winery生産者紹介

サイドウッド(南オーストラリア州 / アデレード・ヒルズ)

栽培からボトリングまで自社で一貫して行い、また環境に配慮した取り組みを実施しており、サステイナブル認定を得ている生産者としてはアデレード・ヒルズ最大規模です。

オーナー兼ヴィニロンのオーウェンとカサンドラ夫妻

オーナー兼ヴィニロンのオーウェンとカサンドラ夫妻

  • オーナー兼ヴィニロンのオーウェンとカサンドラ夫妻
  • 南オーストラリアのレジェンドと称される醸造家ダリル・カトリン
  • 2016年に導入された太陽光パネルで醸造所の半分の電力を賄っています

所在地

オーストラリア サウス・オーストラリア州 アデレード・ヒルズ

概要

2004年にオーナー兼ヴィニロンのオーウェンとカサンドラ夫妻によって設立されたワイナリーです。
サイドウッドが所在するアデレード・ヒルズは、マウント・ロフティ山脈に位置し、アデレードからは車で20分ほどの距離にあります。州内でも最も大きなワイン産地のひとつで、数あるオーストラリアのワイン産地の中で、歴史のある産地のひとつでもあります。70kmにわたる細長い形に広がっている産地で、山脈沿いであるため、曲がりくねった丘や谷で構成されています。標高は400~700mと高く、降雨量も多く冷涼な気候です。

サイドウッドはアデレード・ヒルズを股にかけて広がるオカパリンガ・ヴァレーに位置する130ヘクタールの敷地の中に、90ヘクタールに及ぶ4つのブドウ畑、馬小屋、醸造設備を構えています。
丁寧な剪定技術、手摘みによる収穫を行い、栽培から醸造まで自社で一貫して賄っています。畑から醸造所まではわずか10分の距離。涼しい早朝に収穫を行い、収穫後 1時間以内に新鮮なままの果実を粉砕することが可能です。
「素晴らしいワインは畑から始まる」を信念に、ブドウ樹を常に最適な状態に保つためにコストや労力を惜しまないのがサイドウッドのフィロソフィー。霜被害対策として大規模なフロスト・コントロール・システムを導入したオーストラリアでも数少ない生産者の一つでもあります。

ワイン醸造家 ダリル・カトリン:
バロッサ・ヴァレー育ち。若い頃からワイン業界に興味を抱き、2004年にワインサイエンスの学位を取得。アデレード・イースト・エンド・セラーズでワインの知識を習得し、店舗のマネジメントにも関わりました。
ショー&スミスではセラーでの仕事を経た後、チーフワインメーカーを13年勤め、醸造家としてのキャリアを築きあげました。2014年のインターナショナル・ワインチャレンジでは、オーストラリアのベスト赤ワインとして表彰された実力を持ちます。

環境への取り組み:
4つの全てのブドウ畑はEntwineのサステイナブル認証を取得しています。サステイナブル認定を得ている生産者としてはアデレード・ヒルズ最大規模です。畑では冬場に羊の放牧が行われ、雑草除去と堆肥の活用しています。2016年には太陽光エネルギーをワイナリーに導入し、ワイナリーの電力使用量の半分を賄うことが可能になりました。さらに、22億1400万トンの二酸化炭素排出を15年以上削減できる見込みです。

Product line-up商品ラインナップ

生産者一覧へ戻る